司法書士のチャレンジは自習室プラスルームへ

アベノミクスのお蔭で、不動産取引が活発になっています。この不動産取引で必要な資格は、もちろん宅建ですが、不動産登記で必ず司法書士が登場します。不動産取引を円滑に行うため、不動産引渡日(決済日)に同席して、本人確認等を行い、無事に取引が終了するとその足で、法務局へ行き不動産の所有者移転登記を行います。司法書士は不動産取引には、とっても重要なお仕事になります。

景気が良くなってくるともう一つ多くなるのが、会社設立です。会社を設立する場合は、法務局にて商業登記を行わなければなりません。そこで司法書士の出番です。本人に代わり法務局にて商業登記を行います。

その他、成年後見人業務・遺言・相続アドバイス・簡易裁判など多岐にわたって活躍する場があります。

超難易度の資格ではありますが、受験資格なしなので、だれでもチャレンジできるのがこの資格のメリットです。

当然この資格は、かなりの勉強が必要になります。そこで、自習室です。

自習の量も大切ですが、質もとても大事です。自習室は集中できる環境が整っておりますので、一度資格勉強をスタートする前にご来店ください。

 

2014年6月15日 | カテゴリー : 自習室情報 | 投稿者 : jishuushitsu-pr