税理士合格体験記

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木 順一さん(高木章税理士事務所所属)

佐々木さん
弊社本社にてインタビュー
10年間あきらめずに

税理士試験に臨むみなさんへ

税理士試験に臨むみなさんお疲れ様です。税理士試験は、数ある国家試験の中でも有数の難易度があり、合格までの道のりも数年を要することが当たり前だと思われます。その中で税理士試験を目指す皆様には敬意を表したと思います。
私は、会計事務所に勤務しながらの勉強で合格までに10年もの歳月を要してしまいましたが、私の経験がみなさんの参考になればと思います。

私は、税理士受験の予備校に通っていましたので、授業のある日は、仕事が終わった後に学校に行っていましたが、授業のない日もなるべく学校に行って自習をしていましたが、自習室の確保にはかなり苦しめられました。というのも、学校には、専用の自習室がなく空き教室が自習室となっていたため、空き教室がなければ自習できないことになります。また、教室があったとしても自習したい人がみなその部屋に集まるため座席の確保が非常に困難でした。税理士試験の性格からして会計科目税法科目共に電卓は必須であるため、
計算問題を解く場合には周りを気にせず電卓が使用できることが大事でしたので図書館を使用するわけにはいきませんでした。また税理士試験に臨むに当たり絶えずテキストを持ち歩いていましたが、これがかなり重く大変だったと記憶しております。


私の勉強方法

 私の勉強方法ですが、計算では同じ問題を何度も解きなおして計算パターンを頭にたたきこみました。特に答練期の総合問題は、今まで授業で学んできたことの応用問題が出てくることが多かったので、できなかった問題については、後日解説を読みながら問題と解答を照らし合わせながら解きなおしていました。また、最近の傾向として計算問題が理論が会計処理とリンクしていると感じていたため理論でも解答できるようにトレーニングしていました。単に問題を解いて正解したり間違っただけではなく理論的根拠も条文等で確認するようにしていま
した。
佐々木税理士 理論については税理士試験を始めた当初は、力づくで暗記に走っていましたが、最近の傾向として暗記だけでは解答できないため暗記一辺倒ではなく個別的ではなく横断的に解答できるように的を絞って暗記するようしていました。ただ理論ついては科目によって勉強方法も異なると思われます。私の場合法人税については、第1項しか暗記しないで、それ以外は内容理解にとどめ作文できるように練習していました。相続税や消費税は、1問は個別問題が出題されていたため暗記する量も法人税に比べて多かったですが、もう1問は、応用問題が出題され、かつ、テキストの理論形式を解答するだけでは答えにならない問題も出題されるため、解答方法として答練の模範解答を参考にして解答する理論の構成を考えるようにしていました。

答練期の試験についても成績には一喜一憂する必要はないと思います。私は、答練の成績は、常に成績下位でしたから。全答練でも常にD判定でした。理論については、予告理論にこだわらず自分のペースを貫いていましたので理論問題は、テキストを見ながら解答していました。計算についても最終納税額を答えることについては無視していました。途中の計算過程や考え方に注力し解答するように心がけていました。実際本試験でも私が選択した税法の法人税、相続税及び消費税について最終納税額は記載していません。(相続税は、配偶者のみ記載。)


税理士試験のアドバイス

最後になりますが、税理士試験は、他の国家試験と異なり1科目ずつ合格を積み上げることができる試験であります。(長所でもあり短所でもあると思われますが。)したがって、「自分は、絶対合格できるんだ」という強い気持ちを持ち続けることができれば必ず5科目合格は達成できると信じています。実際私も10年越しの栄冠でしたから。特に夏真っ盛りに試験があり、周りが浮かれているなか部屋に籠って勉強する生活はきついものがあるかもしれませんが、税理士試験は、天才型や秀才型の人間だけが合格するものではなく、本当に合格するために努力した人に向いている試験だと思われます。
「継続は力なり」という言葉がぴったりの試験だと実感しています。税理士試験の受験生のみなさまが、努力の末に12月の合格発表で喜びを感じることを切に願って終わりの言葉としたいと思います。
【取材協力】
高木章税理士事務所  横浜市鶴見区鶴見中央4-16-1-501 TEL045-508-1577
古瀬鏡一税理士事務所 横浜市鶴見区鶴見中央3-2-5    TEL045-506-1335

税理士資格の勉強には
ぴったりな自習室

税理士資格は、とても長い期間資格勉強に時間を費やすことになります。
重要なのは、環境を整えることです。自習室プラスルームでは、多くの方税理士を目指してご利用いただいております。また過去には多数税理士が誕生しております。
税理士になるぞ

税理士資格では電卓が必須アイテムですが、当然自習室でのご利用も可能です。(他の方にご迷惑かからないようにご配慮をお願いします。静音タイプの電卓をご利用ください。)

個室ほどではありませんが、仕切り板が机の両サイドに設置されていますので、集中して勉強ができます。
税理士資格では、集中して計算問題を解かなくてはいけません。こういう時には、仕切り板は大活躍です。

また、お隣の方も税理士資格を目指している方かもしれません。お互い励ましあい、競争しあえる環境も自習室の良いところです。もちろん、他のハイレベルの資格をチャレンジしている方もいらっしゃいますので、結果頑張れるわけです。


自習室を活用して、
税理士になりましょう

自習室では多くの方が税理士試験に合格してます!

税理士資格に合格するためには、勉強時間を相当こなさなくてはなりません。
自習室は当然有料です。この利用料を元取るためには、相当勉強しなくてはなりません。だから自習室をご利用される方は、税理士合格率が高いのかもしれません。
プラスルームの自習室は、税理士を目指している方に安心して勉強できる環境を提供しております。

全席電卓使えます。(サイレントタイプのみ)
周りに税理士を目指している方が多いので、一緒にチャレンジできます。



自習室東京トップページへ