ライフ資格

このエントリーをはてなブックマークに追加

気象予報士

受験者数  7,727名
合格率  4.1%
試験日  8月・1月
受験料  11,400円
受験資格  制限なし
試験内容  【学科試験】①予報業務に関する一般知識(多肢選択式、1時間)▶㋐大気の構造、㋑大気の熱力学、㋒降水過程、㋓大気における放射、㋔大気の力学、㋕気象現象、㋖気候の変動、㋗気象業務法その他の気象業務関する法規
②予報業務に関る専門知識(多肢選択式、1時間)▶㋐観測の成果の利用、㋑数値予報、㋒短期予報・中期予報、㋓長期予報、㋔局地予報、㋕短時間予報、㋖気象災害、㋗予想の精度の評価、㋘気象の予想の応用
【実技試験】(記述式2時間30分、中間に休憩有)
①気象概況及びその変動の把握
②局地的な気象の予報
③台風等緊急時における対応
申込期間 下記問い合わせ先まで要確認
試験地  北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県
願書入手方法 下記問い合わせ先又はインターネットで入手できる。試験部まで要確認 
受講料 ①免除科目なし▶11,400円
②学科の1科目が免除の者▶10,400円
③学科の2科目が免除の者▶9,400円
合格発表 合格発表日に、受験者全員に通知するほか、気象業務支援センターと試験地の各管区気象台、沖縄気象台に合格発表の受験番号を掲示
問い合わせ先:一般財団法人気象業務センター試験部

消費生活アドバイザー

受験者数  2,292名 
合格率  19.2% 
試験日  10月(1次)・11月(2次) 
受験料  12,600円 
受験資格  年齢、学歴、性別の制限はない。ただし、一般財団法人日本産業協会の実施する筆記試験、面接試験の受験が可能であるもの 
試験科目  【1次試験】(択一式)
①消費者問題、②消費者のための行政・法律知識、③消費者のための経済知識、④生活基礎知識 
【2次試験】(1次試験合格者及び注記の者に対して実施)
①論文試験(1次試験の①から③の範囲から複数出題し、受験者のその中から選択して記述する)、②面接試験
※昨年度の1次試験に合格した者は、本年の受験に限り1次試験を免除され、2次試験からの受験となる
申込期間  8月1日から8月30日(1次免除者は9月2日から9月9日) 
試験地  【1次試験】札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
【2次試験】札幌、東京、名古屋、大阪、福岡 
願書入手方法  日本産業協会から「受験要綱」(無料)を入手する 
合格発表 【1次試験】11月上旬 【2次試験】2月上旬 
称号付与  合格証交付の翌々年度中までに次のいずれかを取得できるものに「消費者生活アドバイサー」の称号を付与(手数料10,500円)
①1年以上の実務経験を有していることを証明する「経歴書」
②日本産業協会が実施する実務研修の修了を証明する「実務研修修了書」 
お問い合わせ先:一般財団法人日本産業協会

自習室東京トップページへ

TEL. 045-308-2620 FAX. 045-584-0807
e-mail. plusroom@2498.co.jp
株式会社錦屋プラスルーム事業部